いぬおさんのおもしろ数学実験室

おいしい紅茶でも飲みながら数学、物理、工学、プログラミング、そして読書を楽しみましょう

雑記

昔のPC環境

大学に入ってずいぶん経って先輩から使い古しのパソコンを買いました。PC-8001というやつです。もちろん当時のパソコンは今に比べればまるっきり非力で、たいしたことはあまりできませんでした。ソフトもほとんどなし。そもそも売られていないのです。いや、…

『宇宙戦艦ヤマト2199』紹介

西暦2199年、地球は宇宙の謎の星、ガミラスの遊星爆弾による攻撃を受け、海は干上がり、大気は汚染されます。地上に住めなくなった人類は地下都市を築きますが、滅亡まであと1年しかありません。その1年前、2198年から地球は16万8千光年の彼方のイスカンダル…

数学勉強法

近いことは何回かブログで書いていますが、まあいいでしょう。少し違う書き方で……。 数学ができるようになるのにどうしたらよいか、「コツが分からない」などと言う高校生がいます。そんなもの、ないよ……。そもそもそんな都合のいいものがあるんなら誰も苦労…

『宇宙創成(上)』紹介、宇宙論雑感

『宇宙創成(上)』(サイモン・シン2009新潮文庫)を読みました。天文学がどう発展してきたのか、古代から現代まで、人間が宇宙をどうとらえていたのか書いてあります。科学史ですね。昔は観測技術もなく、宇宙の真の姿はもちろん、地球のことすら分かって…

小説家、阿刀田高(あとうだたかし)紹介

わざわざエッセイを買って読む場合、同じテーマでも切り口が新しいとか、目からウロコの議論だとか、そんなのを求めてしまいます。阿刀田氏を勧めます。ショートショートの名手、ということになっています。実際そうなのですが、しかしぼくは彼のエッセイが…

倒叙もののドラマ、刑事コロンボ

『刑事コロンボ』は1968年からアメリカで始まったTV番組です。ニューヨーク市警、殺人課のコロンボ刑事が事件を解決するドラマです。コナン君、金田一君、金田一耕助、シャーロックホームズ、……刑事や探偵が活躍する物語の多くでは、最初に犯人が不明の殺人…

物理、数学が好きな理由

高校生のときは数学、物理が好きでした。成績は物理の方がよかったです。物理は公式を憶えて使い方のトレーニングをして……とやればまあそれなりにはなるんでしょうが、ぼくは公式は全部自分で導けるように勉強していました。「効率悪すぎ」と言われることが…

授業が怖くなる

ある先生が「授業が怖くなった」と言っていました。何のことかと思ったら……教科書に何気なく書いてあることでも、生徒に「どうして?」と突っ込まれたときに自分はちゃんと答えられないことがあるかも、みたいな意味です。確かに高校の教科書では、「~であ…

『ガリレオⅡ』DVDBOX、科学的とは

少し前、DVDBOXを買いました。『ガリレオⅡ』です。帝都大学理工学部物理学科の准教授、湯川学(福山雅治)が刑事の岸谷美砂(吉高由里子)の求めに応じて不思議な事件の捜査をし、物理学の知識を用いて次々に解決します。原作は東野圭吾。第1シーズンでは刑…

プログラミングのすすめ。数学も勉強しましょう。

今回はプログラミングのすすめ……ということで少し書いてみます。 「ゲームをするのが好き」も、いいことでしょう。ゲームをやらない人より、人生を面白くする何かを少なくともひとつ余分に知っているわけだから。しかし音楽だって聴くだけでなく自分で演奏す…

アドラーの心理学、精神分析

割とNHKのテキスト、面白いのが多いです。『人生の意味の心理学 アドラー』(岸見一郎2016NHKテレビテキスト)を読みました。TVでも放送していたようですが、このテキストだけで分かるようになっています。アドラーという人の始めた心理学の解説です。例えば…

DVD『シンシナティ・キッド』、『スティング』

若い天才的なポーカーの勝負師、ミシシッピ川流域一帯で『シンシナティ・キッド』と呼ばれている男が名人位獲得の野心に燃え、30年にわたるタイトル保持者に挑戦します。1930年代のアメリカが舞台の映画です。アメリカの古い映画にはこんな感じのが結構…

数学と物理の違い

ぼくは高校では化学部で最初化学は好きだったし、1年の時には化学科へ行くつもりでした。でも有機化学の授業が始まると、「××を合成するには○○を△△すればよい」式の、「とにかく暗記しなければどうにもならない」みたいなのがイヤになり、ロクに勉強しなくな…

3×4、4×3のどちらが正しいのか?

「先生にバツにされた!」とかネットで時々話題になっています。4人にあめを3個ずつ配るとき、全部で何個、あめが必要か。3×4か、4×3か? 3個のあめを4人分なんだから3×4が正しい? 故・矢野健太郎先生(数学者)がエッセイに書いていました。矢野先生が微分…

メガスター、大平貴之氏

『プラネタリウム男』(大平貴之2016講談社現代新書)を読みました。小さい頃からプラネタリウムが好きで自分で作ろうとしていた大平貴之氏が、個人で古くからあるメーカーの機械を遙かに凌ぐ性能の「メガスター」を開発します。投影できる星が170万個だった…

電子工作とプログラミング

中学生の頃、電子工作が趣味の友だちがいました。彼は「自分で回路の設計もできる」と言っていました。家が電気屋さんで、ハンダごてやテスターなどの道具、トランジスタや抵抗、コンデンサなど、部品も揃っていていろいろ教わることもできたんだと思います…

ビエトの数学記号

数学の本を開くと、Σ、∫、f(x)、………といくらでも記号が現れます。意味がパッと伝わるように、間違えにくいように、簡潔に表現できるように使われるのです。しかし数学の記号のありがたみを分かっていない人も多いと思います。なにしろ生まれたときから数学…

数学ができるようになるために

天才的な人は別です。そういう人は勉強の仕方など、きっと何をしてもよいのでしょう。しかしたいていの人はぼくを含め、普通の人です。そういう人たちは、一体どうしたら「数学ができるようになる」のでしょうか。定義のないところに結論なし。「高校2年の秋…

プロとアマチュア

大学時代のサークルの友人、Hは自分で会社を興して、ネット関係のソフトを書いたりして暮らしています。年に1,2回くらいずつ会っていろいろ話します。前に会ったときには「8月いっぱいはパターン認識の勉強をする」と言っていました。彼はゼスチャーなどを…

友だちと旅行に行ったときの精算の仕方

熱海に行ってきました。職場に出入りしている業者さんにも美味しい店を聞きました。1泊10000円ちょっとで温泉もなかなかよかったし、穴場だったのかも……と思いました。 さて、こういった旅行でよく問題になる「精算」。例えばA、B、Cの3人で出かけ、Bが…

ひと昔前のこと。パソコン雑誌、環境、メール、……

ぼくが仕事に就いたのは職場にパソコンが入り始めたばかりの頃でした。当時、データの記録には今ではほとんど見かけない「フロッピーディスク」というのをみんな使っていました。5インチが多かったですが、8インチのディスクもあり、こちらはもうほとんど団…

ノットイコールの書き方を注意された

1991年の京大の入試問題だそうです。 イコール付きの不等号は「≦」ではありませんね。多分、実際に入試で出題されたときには「≦」だったのではないかと想像します(高校までの教科書ではこう書かれるから)。この問題はあるサイトで見かけたものです。管理し…

写真でコーナーの検出

コーナーの判定をやってみました。 ぼくたちは図Aを見て、どこがコーナーなのかすぐに分かります。しかしそれがコンピュータには難しい。考えてみればぼくたちはそもそも「コーナー」(尖ったところ、角(かど))とは何か、きちんと定義できません。家みた…

ポケベルにパソコンからメッセージを送る

もう20年近く前のこと。「ポケベル(ポケットベル)」というのがありました。ケータイやPHSが出回る前です。その辺の公衆電話などから決まった番号(114?忘れた)に電話をかけ、 メッセージを送りたい相手のポケベル番号を押します。続いて、例えば「あした…

数学の実力とは

つい最近まで、複数の写真からパソコンを使ってもとの立体を再現する仕組みを勉強していました。「コンピュータビジョン」と呼ばれる分野の一部です。道具はそろったので実際に試してみるつもりです。この分野では、大学で勉強する科目で言うと線形代数とい…

スペースマウンテンは何台走っているのか

東京ディズニーランドのアトラクション、スペースマウンテンの話です。狭くて暗いドームの中をよくもまあぶつからずに走り回っているもんだと感心しますが……全部でいったい、何台走っているんでしょうか。 スペースマウンテンのあの乗り物は2両編成です。こ…

公式集のススメ

数学勉強法……ということで少し書いてみます。高校生の話を聞くと、中間試験、期末試験でも「公式を忘れた」なんて言っていることも多いという印象です。模試だと範囲も広いし、なおさらでしょう。人間はせっかく覚えたことでも放っておくとすぐに忘れてしま…

初めまして! 自己紹介です。

初めまして! いぬおさんと申します。このブログでは数学、物理、工学など自然科学の面白さをみなさんにお伝えしたいと考えています。趣味は読書、マジック、プログラミング。こちらの話も書いてゆくつもりです。 専門は数学ですが、最近は特に物理や工学で…