いぬおさんのおもしろ数学実験室

おいしい紅茶でも飲みながら数学、物理、工学、プログラミング、そして読書を楽しみましょう

雑記

新年度スタート! 今年度の計画。

試験範囲の授業が終わりそうもない! なんとかしなければ! ……というときはプリントを使います。生徒が板書を写す時間を節約できれば相当余裕ができます。穴埋めにでもしておけば生徒も「勉強したかな」というある程度の満足感は得られるでしょうし、今年は…

英語の思い出。そろそろ英語の勉強を始めないと…….。

せっかく英語の勉強のためのテキストを買ったのに、まだ始めていません……。 著者の金谷先生は、すごく勉強になる面白い本を何冊も書いている方です。ブログでも何度も紹介しています。教員なので生徒には「進む分野にかかわらず、英語はやっておいた方がいい…

古いアニメと新しいアニメ、どっちがいい?

ここ10年とかはアニメは絵もストーリーも音楽も、クオリティが大変高くなりました。『天気の子』などは絵がメチャクチャきれい……という感じです。単純に比較しても意味はありませんが、YouTubeなどで昭和30年頃のアニソンなんかを見てみると、現代の作品はと…

ブログ管理者が本を出します

ようやく出版まで漕ぎ着けました。準備を始めたのは昨年の6月です。ちゃんとした原稿になったのが1月半ばでした。Pythonでインタプリタを作る コンピュータ言語を設計・実装してインタプリタの動作を理解しよう (OnDeck Books(NextPublishing))作者:吉田 …

当ブログについて

気づけばここまで、ずいぶん書いています。「投稿数536」のようです。この辺で、どういうブログなのか、基本的な方針というか考え方というか、そんなことを書いておきましょう。 ぼくは「数学通信」を書きます。授業で配るんですが、それをブログ用に書き直…

昔あった、コピーツール

昔、20年か30年くらい前にはコピーツールというジャンルのソフトウェアがありました。記録メディアはフロッピーディスクというやつが主流で、直径5.25インチのものをよく使っていました。縦横13cmか14cmくらいです。しかも容量は1Mバイト、今に比べ…

ゲームプログラミング雑感、時間を確保して勉強しましょう

大きく勤務状況が変わり、とにかく時間の余裕ができました。好きなことをいろいろやっています。何回か触れていますが、最近はUnity(ゲームを書くための開発環境)、C#で3Dのゲームを書く準備をしています。Unity、気に入りました。スマホでテストすると…

碁というゲーム

何年か前、碁を始めようと思って本も買い込み、ルールから勉強し始めました。しかし難しい。ぼくは将棋は小学校の頃から指していて、そのときはやはりスタートは棋士の書いた「将棋入門」みたいな本でした。将棋の目的は単純で、相手の王様を詰めることです…

文化祭でおひねりをもらって赤十字に寄付……はダメか?

最近は少なくなっているかも知れませんが、少し前には結構、教員が出し物をしていたりしました。写真展をやるというのでぼくも写真を提供して展示の手伝いをしたことがあります。 ぼくはマジックが趣味で、ヘブンアーティストの資格を取ろうとしていたことも…

スマホでゲーム作り

Unityの教科書 Unity 2020完全対応版 2D&3Dスマートフォンゲーム入門講座 作者:北村 愛実 発売日: 2020/08/29 メディア: Kindle版 ↑ これはkindle版ですが、紙の本を買いました。いよいよスマホのゲームプログラミングに手を出しました。プログラミングにつ…

高校に観点別評価が導入される?

高校でも「観点別評価」というのが導入されるとか。学校にあった裏紙で知り、サイトをあちこちチラッと見たらどうもそういうことらしいですね。知識がほとんどないので少し調べてみようかな……。しかしそれにしても「主体的に学習に取り組む態度」なんて、そ…

ベクトル場=矢野 ?

故・矢野健太郎先生の話です。矢野先生の専門は微分幾何学です。小さい頃、アインシュタインブームで「お父さん、ぼくも勉強したら相対性理論が分かるようになるかな?」と聞いたら、お父さんは「健太郎、相対性理論だってアインシュタインという人が考えた…

明けましておめでとうございます!

サイトを訪問してくださった皆様、どうもありがとうございます。今年もよろしくお願いいたします。 昨年は労働環境が一気に変わり、勉強の時間が十分に取れるようになりました。ありがたいことです。おかげで本を出版させていただけることになりました。プロ…

昔のプログラミング、割込み、……

手元に『インターフェース』1989年1月号のおかむらみちお氏(多分「岡村」)の割り込みに関する記事の一部のコピーがあります。ファイルに綴じてずっと持っています。章、節は次の通りです。 3 アセンブラでの割込み 3.1 アセンブラの問題点 3.2 割込み用テ…

解答集を配らない教員

最近の問題集は解答も大変詳しく、高校生向けのものは別冊になっていることも多いと思います。高校生向けでも大学生向けでも、自分が勉強するときに大変ありがたいです。 教員がよく「答えを生徒に配るとすぐに見てしまって勉強にならない」と言います。どう…

音の実験で試したいこと、『書きたい人のためのミステリ入門』紹介

以前、このブログで音の実験を続けてやっていて、結果を記事にしていました。 例えば こういう実験です。↓ www.omoshiro-suugaku.com 面白かったです。wavファイルに記録されている音楽を使っています。音楽データは、(wavファイルのタイプによりますが)-…

マスク着用の実効再生産数への影響について

17世紀、ヨーロッパでペストが大流行しました。イギリスでも、ニュートンが通っていたケンブリッジ大学は2年間、休校になったそうです。ニュートンは実家ののあるウールスソープ村に戻り、そこで研究をして万有引力の法則を発見しました。この期間は「創造的…

『一般相対性理論を一歩一歩数式で理解する』紹介

少し休みも取れて、何を勉強しようかな、と古い本をいろいろ見ています。面白かったのですが忙しくて途中でやめてそのままの本もあります。これです。 一般相対性理論を一歩一歩数式で理解する 作者:俊全, 石井 発売日: 2017/03/27 メディア: 単行本 一般相…

『1回しか言わないからよく聞け!』について

余弦定理の授業です。余弦定理とは、3角形ABCに対して成立する定理で、次のようなものでした。 なお、∠Aの対辺をaなどとおいています。もちろん証明もしますが、ぼくはまずこの式を憶えさせます。本当に文字通りにこれを憶えても意味はありません。実際の三…

「先生は授業以外に何をしているんですか?」

生徒に「授業のないときは何をやってるんですか?」などと言われます。「遊んでるんですか?」とも。違います、違います……。生徒はあまり知らないようですが、教員は授業だけやっていればいいというわけではありません。ふざけて「そう、コーヒー飲んでるん…

111に電話をかけるとどうなるか?

子どもの頃、多分小学校の1年か2年くらいのことです。いわゆる黒電話が家にありました。ぼくは時々、思い立っては111にダイヤルしていました。あ、若い人は電話のダイヤルって分からないかも知れませんが、昔の電話は指でダイヤルを回して電話をかけていたの…

ガソリン車がなくなる? エンジンは?

国内の新車販売に関し、2030年代半ば以降はガソリンだけで走行する車以外の「電動車」とする目標を設定する方向……というニュースを聞きました。いきなり思い切ったことを言い出したなあ……という印象です。専門ではないですし、体系的な知識を持っているわけ…

盤外作戦はよいのか?

コミックス『ヒカルの碁』では本因坊、桑原先生がタイトル戦で相手の緒方先生にちょっとした罠を仕掛けます。盤上ではなく、いわゆる盤外作戦。囲碁、将棋では持ち時間が長く2日に渡る勝負だと、「封じ手」というルールがあります。1日目の最後に打つ棋士は…

運動エネルギーを表す式を求める(追加)

物理を勉強するみなさんは「何かおかしい……」と思わないでしょうか? www.omoshiro-suugaku.com 物体がレールなどに沿って動くような状態で、ひもを結びつけてそれを引っ張る。レールからの摩擦力も働く。重力も働いている。上の記事の議論をする段階ではま…

違和感のある言葉。読解力、数学力、国語力、論理力、英語力、……

流行りなのか分かりませんが、最近よく使われていて、聞いてちょっと気持ちの悪い言葉があります。「×××力」です。気持ち悪い度=0~3で評価してみましょう。これはぼくの評価であって、一般的にどうかということではありませんので念のため。 0……特にヘンな…

『特命リサーチ200x』で「ノストラダムスの大予言」を解説

『特命リサーチ200x』という番組がありました。20年以上前です。「クライアントから寄せられるさまざまな難問を、民間調査機関、ファー・イースト・リサーチ社(極東リサーチ株式会社)が独自の調査方法によって即座に解決してゆく」という設定です。エージ…

雑記 大掃除の着替え、ホームズ本、勉強の予定

①大掃除の着替え 生徒ではありません。教員です。学校でも大掃除があり、教員は役割分担したり、手伝ったりと大変です。汚れるのがイヤで着替える人も多いと思います。でもぼくはそれほどでもなく、スーツのままだったりします。何年か前、それを見たある管…

コンピュータ言語作成のすすめ。再帰コールの不思議。

再帰的なプログラムというのがあります。プログラムを書き始めたばかりの頃、そういうものがあるとは全く知らなかったときに再帰的なプログラムに出会ったときの衝撃は大きかったです。大学では情報処理の授業でFORTRANを習いましたが、今はどうか知りません…

生徒が科目選択の相談に来ました

女生徒が相談に来ました。2年から3年に進級するときの選択科目をどうしたらよいか、ということです。ぼくは担任というわけではなく、教科担当として数学を教えていました。世界史か日本史か迷っている。選んだ方を受験科目にしたい。来年、世界史ならA先生、…

修学旅行、大変だけれど賛成です

コロナであっちでもこっちでも遠足がなくなったり修学旅行が時期を変えられてしまったり、大変のようです。コロナ以前から何となく「遠足など無用」みたいな空気は感じてはいました。 www.omoshiro-suugaku.com 遠足が嫌いな人たちはこれ幸いとばかりに「遠…